皆様 こんにちは。 工事担当者です。

イエシロアリの駆除工事を紹介します。

 

旧被害跡-2-1

シロアリの一種にイエシロアリというシロアリがいます。

イエシロアリはやっかいなシロアリです。

イエシロアリは水分を運ぶ能力があります。

なので、床下だけでなく、家の天井まで登って行きます。

被害も床下だけでなく天井まで広がっていきます。

 

車などで走っていると、朽ちて壊れていく空家を見ることがありますね。

屋根が壊れている原因の多くはこのイエシロアリだと言えます。

朽ちている家の多くは木なども生い茂っていますね。

益々、湿気が増えて行きます。

長い間放っておくと、家と言う形を成さなくなりますね。

最近、政府の空家対策が進んでいくようです。

どのようになっていくのでしょうか。

 

イエシロアリの駆除の場合は、天井まで駆除工事の必要があります。

2階建ての場合、床下・天井・中天と3ヵ所の駆除の必要がでてきます。

そしてイエシロアリの活動する季節は4月から7月が最盛期です。

天井裏などは非常に熱くなっているため、熱中症の注意も必要です。

 

さて、イエシロアリの駆除方法です。

数年前までは液体の薬剤を使用していました。 

被害箇所がある床下・天井裏・中二階等の木部にドリルで穴をあけます。

そお穴に薬剤の液体を注入処理をしていました。

足場にホースと穿孔ドリル等を持ちながらの駆除工事だったのでほんと大変でした。

 

それが、ここ数年で工事のやり方も変わりました。 

シロアリの研究が進んでいます。

ゴキブリなども現在は、すぐに殺虫成分のある物を食べさせないですね。

巣に持ち帰らせて病気を伝染させる方法を取ることが増えています。

薬剤注入では無く餌をシロアリに食べさせて伝搬させる駆除します。

薬剤より時間はかかります。

しかし、より効果の高いシロアリの駆除方法になります。

実際にこの方法は工事担当者として効果があるなと実感しています。

具体的には次回にでもお伝えします。

 

点検 調査はお早めに。。 

 

創業50年の実績 (有)九州蟻研工事 

住所:久留米市東合川3-3-8

電話:0942-44-9566