こんにちは 工事担当者です。

梅雨も本格化しました。

久留米も大雨で筑後川も水位が注視されています。

梅雨時期は雨が降って嫌ですね。

ジメジメするような中で、気温も上がっていきます。

しかし、雨が降らないと農作物などにも影響がありますし・・・。

旧被害跡-2-1

梅雨に入るといよいよシロアリの時期だと感じます。

毎日、シロアリの問い合わせがかかってきます。

シロアリの発生は梅雨になると本格化します。

まさにシロアリは梅雨の時期です。

中でもイエシロアリと言われるシロアリが活発に活動を開始します。

 

たくさんの駆除工事をさせて頂いていますがイエシロアリは本当に怖いです。

イエシロアリは水分を運ぶことができるシロアリです。

どういうことかというと、床下だけが活動範囲ではないということです。

つまり、イエシロアリの被害は天井まで登ってきます。

空家などで天井が落ちている建物を見かけることがあります。

その原因はこのイエシロアリの被害になります。

イエシロアリの被害の怖いところがもう一つあります。

 

それは駆除の手間もかなりかかるということです。

ヤマトシロアリというシロアリの場合は床下しか食べません。

それはヤマトシロアリは水分を運ぶことができないからです。

水分を運ぶことができないために、天井まで登ることができません。

なので、床下のみの被害になります。

床下のみの被害なので、駆除工事も床下のみになります。

一方で、イエシロアリの場合はその何倍も被害が出ます。

2階建ての建物で説明すると、床下・中天・天井と3ヵ所の被害がでます。

駆除も3ヵ所行わなければならず、結局3倍の料金がかかることになります。

 

そのイエシロアリの発生が本格的になるのが梅雨の時期です。

この時期、イエシロアリの羽アリも大量発生して飛び回ります。

ヤマトシロアリに比べると、イエシロアリは家屋内の活動範囲が広いため、大量発生します。

イエシロアリが大量発生した様を見ると、みなさん、パニックになると思います。

 

シロアリの発生は梅雨になると本格化します。  

点検 調査はお早めに。

創業50年の実績 (有)九州蟻研工事 
住所:久留米市東合川3-3-8
電話:0942-44-9566