お問い合わせがありましたので、住宅の床下点検にお伺いしました。

IMG_0335

IMG_0338

IMG_0339

 浴室 台所 洋室 の床下の状況です。(一部です) 

水廻りに関しては配水漏れ等の異状は見られません。 

木材に関してはカビ・腐れ等も異状は見られません。

地面はコンクリートです。

湿気が上がってくることもほとんど無いでしょう。

蟻道に関しても見当りません。

問題の無い床下の状況ですね。

 

住宅の床下には写真でも認識できるようにパイプなどがあります。

パイプは1本や2本ではなく何本もあります。

そのパイプの中には水が流れています。

そのパイプなどに損傷があると水漏れになります。

また、パイプも消耗することで劣化します。

一旦、水漏れが始まった場合、湿気が床下に充満します。

 

今回の点検ではとても丁寧に作られている床下を拝見できました。

しかし、今のお住まいの床下が全て同じではないと思います。

ご自宅の床下は普段は見る機会がないと思います。

床下点検の場合はその画像等もお客様にお渡しします。

床下の雰囲気を知っておくだけでもとても安心できると思います。

 

古い住宅の床下は土であることが多いです。

その場合、床下はシロアリの温床と言っても過言ではありません。

コンクリートの場合は隙間などからシロアリは侵入します。

しかし、床が土の場合は、そのまま自由に侵入してきます。

床下が土の場合は、予防工事が非常に重要になります。

住宅の床下点検の場合、台所の収納庫から床下に潜ります。

よく収納庫の下にも物を置いているお客様がいます。

そして放置されている場合が多いです。

そこにまた湿気がたまることがあります。

 

床下には他にもさまざまなことがあります。

動物の死体があることもあります。

死体は腐乱するので、また湿気が出ます。

 

他にも蛇などがいることもあります。

非常に怖い生き物ですね。

 

 

床下の状況確認には点検が一番です。

シロアリ点検調査は無料になります。

まずはお気軽に考えられてみてはいかがでしょうか。    

床下の調査結果は大事に保管されることをお勧めします。

 

創業50年の実績 (有)九州蟻研工事 

住所:久留米市東合川3-3-8

電話:0942-44-9566