皆様こんにちは

営業担当者です。

シロアリ被害は新築の家の場合でもあります。

え??っと思われる方が多いでしょう。

しかし、実際に新築の家でもシロアリ被害はあります。

今回は新築の場合でもシロアリ被害があることを紹介します。

シロアリ被害が最も多い地域は福岡県です。

なので、福岡で起業したハウスメーカーはシロアリ対策をしています。

一方、東北などはシロアリの活動が少ないです。

日本のシロアリ被害はおおよそ2種類のシロアリからなっています。

まずはヤマトシロアリです。

ヤマトシロアリは家の床部分のみを食害します。

二階までは上がってくることがありません。

その理由は、ヤマトシロアリは水分を持って上がれないからだといわれています。

働きながら水分を補給しなければなりません。

土壌から水分が補給できる場所までしか上がってきません。

もう一種類のシロアリはイエシロアリです。

イエシロアリはその水分を持って動きます。

なので、極端に言えば、家を食べ尽くします。

町中の空家などで屋根が落ちている建物はほとんどイエシロアリの被害です。

シロアリの種類

ヤマトシロアリ・・・家の床部分に被害がある

イエシロアリ・・・・天井部分まで被害がある

 

一方の分布を紹介します。

ヤマトシロアリは沖縄から北海道まで生息しています。

一方の、イエシロアリは九州・近畿・東海道と太平洋側に生息しています。

つまり、イエシロアリは北海道・東北・北陸甲信越・北近畿・山陰などにはほとんど生息していないと言えるでしょう。

公益社団法人日本しろあり対策協会が発行している日本全国シロアリ分布図があります。

 

ヤマトシロアリの分布は以下のようになっています。

ヤマトシロアリの分布

全国的です。

一方のイエシロアリの分布は以下のようになっています。

 

ほとんど、太平洋側に固まっているのがわかります。

ここで地域分布とハウスメーカーの課題が浮かび上がってきます。

 

 

東北はヤマトシロアリの活動は報告されています。

しかし、イエシロアリは東北での活動は報告されていません。

すると東北のハウスメーカーは相対的にシロアリ対策が進んでいるとは言えないと思います。

これは地域的な事情のもとに企業が成立しているからです。

一方で、鹿児島などシロアリの活動旺盛な地域はほぼ100%シロアリの処理がされているようです。

東北のハウスメーカーが福岡に進出してくると・・・。

シロアリ対策は非常に重要になってきます。

新築で家を建てる場合でも、シロアリ予防がついているかどうかしっかり調べてみてください。

それがついていないハウスメーカーの場合は、必ずオプションで料金がかかったとしても、必ずつけてもらうようにしてください。

新築の家でもイエシロアリの被害に遭えば、2年も持たない可能性があります。

そして、シロアリは光に弱いため、人目に触れる場所には出てきません。

つまり、まったく発見できないことが多いです。

気付けば家がだめになっていたということもあります。

シロアリ被害が新築でもある場合について紹介しました。

創業50年の実績 (有)九州蟻研工事 
住所:久留米市東合川3-3-8
電話:0942-44-9566