工事班です。

車を運転している際にガソリンメーターが点滅するととても焦ります。

今日は工事の帰りの運転途中に起きたことを紹介します。

 

本日、工事の帰りにガソリンメーターが点滅し始めました。

いつも使っているガソリンスタンドまではまだまだ距離があります。(多分20キロ位)

工事車両ですのでガソリンは動噴使用分が多少は残っていました。

私は、これまでガス欠を経験したことがありませんでした。 

もしかすると、ガス欠になるかもしれないと・・・。

そのまま運転を続けたのですが結局、点滅して20kmぐらい走行できました。

意外と点滅してからも運転できるんだと思いました。

点滅してから20kmぐらいは知っているので、2リッターぐらいは残っていたようです。

結果、ガソリンスタンドまで止まらずに行けました。

しかし、いつ止まるのかわからない不安もありますね。

 

営業や工事等、弊社は車を非常に多用しています。

なので、ガソリン代はなるべく節約できるように同じガソリンスタンドで契約しています。

こんな時は少しでも近くのガソリンスタンドを使ってもいいのかなと思いました。

 

ちなみに契約しているガソリンスタンドは会社の近くにあります。

なので、行きがけにガソリンに困ることはありません。

 

車でお客様の住所に辿り着くまでに、多くの住宅の横を通ります。

久留米市内だけでも、10万戸の家があるといわれています。

そのうち、毎日の仕事で訪れるのは多くても4軒程度になります。

シロアリの発生による駆除工事・または事前の予防工事。

件数はほかの業者と合わせてもそんなに多くは発生していないと思います。

なので、シロアリの発生率は全戸から割り出すと大したことはありません。

そんなところに、「うちの家は大丈夫じゃないか」という油断が出てきます。

 

油断は大敵ですね。

ガソリンメーターの点滅という油断から、シロアリのことを少し考えてみました。

創業50年の実績 (有)九州蟻研工事 
住所:久留米市東合川3-3-8
電話:0942-44-9566