今、日本は温暖化が進んでいます。

温暖化が進むというのは暖かくなるだけではないそうです。

温暖化とは暖かく・そして寒くなることを差すそうですね。

昔より寒くなったといわれるお客様が多いです。

寒くなってきた家。

最近の住宅は床暖房を設置されてあるところも多いですね。

寒い時期には床も暖まり寒い思いをせずに快適な生活が送れるかと思います。

凄く良いです。

実際に床暖房をリフォームでつける方が多いです。

特にパナソニックの床暖房が好評です。

さて、この床暖房。実はシロアリと関係があります。

床下空間は床暖房があるかないかで温度差が違います。

潜るとわかりますが、通常では床下はひんやりとしています。

しかし、床暖房があると温度も上がります。

シロアリも暖かいと動きが活発になります。

シロアリは春先かと思うのかもしれません。

実はシロアリは温度が6度以下になると活動を停止します。

休眠とか冬眠とかいっています。

床暖房があるとシロアリの活動も活発に動ける状態になります。

シロアリの被害・食害スピードも進むでしょう。

床暖房はシロアリにとってはありがたい器具かもしれません。

イエシロアリやヤマトシロアリにとって、働き場のある環境を作ってしまうことになります。

つまり、床暖房はシロアリ被害を作る原因の一つにもなります。

ここで、では床暖房はだめなのかということですがそうではありません。

床暖房でもシロアリが付きにくい環境を作ることができます。

それはシロアリの予防工事です。

床暖房を設置した際には必ずシロアリの予防工事をしてください。

そうすれば、家にシロアリのつく可能性は確実に下がります。

一度、シロアリが家についてしまうと、取り返しのつかないことになります。

床暖房を設置する際は、必ずシロアリ予防工事をしてください。

どのような状態でもヤマトシロアリ  イエシロアリの被害が無いことが一番良いです。

それには点検をする必要があります。

無料点検  無料見積り いつでもお待ちしています。

創業50年の実績 (有)九州蟻研工事 
住所:久留米市東合川3-3-8
電話:0942-44-9566