みなさまこんにちは。

営業担当者です。

床下点検をしてきました。

今回、点検をして驚きました。

まさかと思いました。

築年数も新しくてまだまだ綺麗な住宅でした。

床下もコンクリートで配管漏れ・水漏れ・カビ・湿気等全く異常なかったのです。

 

しかし、イエシロアリの蟻道がありました。

 

天井の点検等もした結果、天井までの食害は無くまだ木材への食害も一部で収まっていた感じでした。

外周点検では杭・切株等に被害が有り、そこから住居内への侵入だったのかと思われます。

気づいたのが早かったので、一部で収まっていますが、そのままにしてしまうと被害も益々進んでいきます。

木材もボロボロ状態です。

外周の確認等は床下の点検とは違います。

杭や切株を見つけられた時には目視確認、

泥がついている時には何か棒のようなもので壊してみる 

木の中をみてみるような事をされると良いと思います。

疑問があれば専門の業者に再度みてもらうことをお勧めします。

 

イエシロアリの侵入を一度でも許してしまうと新築の住宅でも、柱を喰いつくされて、傾きます。

イエシロアリは天井まで食べに上がります。

日本の空家が傾く一番の理由はこのイエシロアリにあります。

床下から侵入し、天井まで食べつくします。

イエシロアリが天井まで上がってしまうと、駆除も相当大変です。

シロアリ駆除は基本、費用を床面積で計算します。

イエシロアリの場合は、床面積が床と中天と天井と3倍にも膨れ上がることもあります。

ヤマトシロアリの場合は地上からせいぜい1メートル程度しかあがってきません。

なので、費用もそれなりの数字に収まります。

このイエシロアリの被害を防ぐ唯一の方法は予防しかありません。

予防工事をきちっと行えば、イエシロアリはめったに家につきません。

家は大事な資産です。

気になった場合にはシロアリの専門業者にお問い合わせください。

九州蟻研工事はシロアリ点検は無料で行っています。

 

創業50年の実績 (有)九州蟻研工事 
住所:久留米市東合川3-3-8
電話:0942-44-9566