福岡・佐賀のシロアリ駆除工事は九州蟻研工事にご相談ください

シロアリの種類と被害


シロアリの種類と被害

 

シロアリの種類

建物に被害を及ぼす代表的なシロアリをご紹介します。

【ヤマトシロアリ】

・北海道北部を除く日本全土(北限は北海道名寄市)

・有翅虫  体長4.5~7.5㎜の長さで黒褐色で前胸背板は黄色、 翅長が7.0~7.4㎜、 翅色が淡黒褐色 半透明

  群飛発生時期は主に4月から5月の昼間です。走光性は無い。

・兵蟻  体長3.5~6.0㎜ 頭部の形態が淡褐色、円筒形、左右両縁平行、体調の1/2の大きさ 

・職蟻  体長は小型、 頭部の色は乳白色

・日本に一番多く分布しているシロアリです。 シロアリによる被害の多くはヤマトシロアリによるものです。 湿った木材の中や土壌中など、湿度の高い場所を好み、1つの巣に生息する白アリの数は2~3万匹程度。   被害は床下に集中します。加害場所が巣をかねており、特別に加工した巣はつくりません。

・ ヤマトシロアリの巣は流動的であり、加害の進行、気候、木材中の湿度など、環境の変化に対応して移動しています。

【イエシロアリ】

・有翅虫  体長7.4~9.4㎜で黄褐色(頭部は暗褐色)  翅長が9.2~12.8㎜ 翅色が淡黄色 半透明

  群飛発生時期は主に6月から7月です。光に集まる習性があり、夕方より外灯や窓などに寄ってきます。

・兵蟻  体長3.8~6.5㎜ 頭部の形態が淡褐色 卵形 体長の1/3の大きさ  粘液を出し、攻撃性が強く 手に噛み付いてきます。

・イエシロアリの巣は固定的であり、特別に加工した塊錠の大きな巣をつくります。王と女王がいる本巣の外に分巣があり、コロニー(巣)が大きくなるとさらに分巣が増えていきます。

・一度被害が発生すると、非常に広範囲が食害にあう。巣の大きさが非常に大きく、1つの巣に100万匹程度生息しています。

・建築物でも木造ばかりでなく、コンクリート造の建築物、立木に対しても被害を及ぼします。

シロアリ被害

柱の中のシロアリ

畳の中のシロアリ

玄関脇に出来た蟻道

蟻が通った梁の中

早期発見が大事です

シロアリが住宅などの建物に与える被害は甚大です。 シロアリ被害を発見したら早急にシロアリ駆除をしてください。定期的なシロアリ予防も効果的です。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-52-0640 通常8:00~17:00(年中無休)

PAGETOP