今回はシロアリの種類や特徴・大きさや見分け方を紹介します。

シロアリの種類

シロアリは現在までに地球上で約3000種類が確認されています。

そのうち日本では23種のシロアリが確認されています。

今後はさらに追加されるでしょう。

 

日本に生息する主なシロアリの種類

日本に生息するシロアリの種類は主にヤマトシロアリ・イエシロアリの二種類です。

それに対して、近年ではアメリカカンザイシロアリやダイコクシロアリ等が確認されています。

 

羽アリ・シロアリの見分け方

羽アリ・シロアリの見分け方を紹介します。

 

 

シロアリの羽アリは出る時期が決まっています。

 

ヤマトシロアリは4~5月の昼間に群飛します。

体調が4.5~7.5㎜位 淡黒褐色 翅色が半透明です。 

 

イエシロアリは梅雨期の夕方から電灯等に向かって群飛します。

体長7.4~9.4㎜ 淡黄色 翅色が半透明です。 

時期を外れた時に羽アリが出ることはありません。

 

クロアリの羽アリの見分けですが、クロアリにはくびれがあり、シロアリにはありません。

翅の大きさはクロアリは前後の大きさが違い、シロアリは前後の大きさが同じです。   

 

シロアリの見分け方

ヤマトシロアリ・イエシロアリ共に職蟻での見分け方は難しいです。

兵蟻での見分け方では簡単にで、兵蟻の頭部は黄褐色しています。

頭部を物等で刺激するとイエシロアリは白い粘液を出し、ヤマトシロアリは出ません。

攻撃性が強いのはイエシロアリで、指に噛み付いたりもします。

 

シロアリとクロアリの見分け方

シロアリはトンネル状の蟻道を作ります。

手で触るとクロアリの蟻道はさっと崩れていきますがシロアリは硬い泥のような感じです。

 

シロアリ特徴  

シロアリの特徴を紹介します。

シロアリは木材を食害します。光・空気等を嫌いますので床下に主に生息します。

イエシロアリは水分を運ぶことができます。

そして地中や壁の中等に特別に加工した巣(蜂の巣のような)をつくります。

木材を湿らせながら上部に上がり、天井裏の木材まで食害します。 

ヤマトシロアリは水分を運べませんので天井まで行きませんが1m前後までは上がることもあります。

 

シロアリの大きさ

シロアリの違いは羽アリ・職蟻・兵蟻等を確認することがでわかります。

ヤマトシロアリでは羽アリ4.5~7.5㎜・職蟻は小型・兵蟻は3.5~6.0㎜。

イエシロアリでは羽アリ7.4~9.4㎜・職蟻はやや大型・兵蟻は3.8~6.5㎜

 

シロアリ駆除・工事の薬剤の種類

シロアリ薬剤種類を紹介します。

薬剤は多くの種類があります。

主に油剤・乳剤・マイクロカプセル剤・ペースト剤・粒剤・ベイト剤等があります。

施工によって使い分けています。   

建物の材質によって薬剤を使い分けます。

油剤は木部へ、乳剤はコンクリートに使用します。

 

シロアリの生息地域 

シロアリの生息地域は以下のようになっています。

 

ヤマトシロアリ・・・北海道北部を除く日本全土に生息しています。

イエシロアリ・・・北限は千葉県以西の海岸線に沿った温暖な地域と南西・小笠原諸島に生息しています。  

ダイコクシロアリ・・奄美大島以西の南西諸島・小笠原諸島に生息しています。

アメリカカンザイシロアリ・・宮城県仙台市から沖縄本島までの24都府県で発生しています。    

 

ヤマトシロアリ・イエシロアリは地下シロアリ型

ヤマトシロアリやイエシロアリは地下シロアリ型と呼ばれ、湿った木材を食害していきます。

 

 

ダイコクシロアリ・アメリカカンザイシロアリは乾材シロアリ型

ダイコクシロアリやアメリカカンザイシロアリは乾材シロアリ型と呼ばれ、乾燥している木材を食害していきます。

床下・天井に関係なくどこででも生息できますので食害箇所が思わぬ箇所になります。(階段 窓枠 タンス等)

 

 

シロアリの種類や特徴・大きさや見分け方を紹介しました。